カンジダ 検査 淋病検査 クラジミア

 

感染症とは何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

感染症とは、炎症が病原性微生物によって引き起こされた場合の、過程のことを指す言葉だ。

 

 

感染症の原因となる病原体は、細菌やウイルスなど様々だが、もっとも頻度が高いのは、
細菌感染症で、ウイルス性の感染症もよく見られるものだ。

 

 

もともと人間の身体には、大腸にある大腸菌やビフィズス菌のように、細菌が存在している。
これらの細菌には、病原性はあっても、身体の機能とバランスを保ち、感染症を起こさずにいる。

 

 

細菌感染症が起こるのは、外部から病原性を持った細菌が、体内に入ってきた場合である。

 

 

細菌に直接触れる接触感染や、空気中の細菌を取り込んででしまう空気感染や飛沫感染、
食べ物や動物を介した感染などがある。

 

 

ウイルスの場合も、感染の仕組みは基本的には細菌と同じだが、感染することにより、
細胞の変性や壊死が起きてしまうのが特徴だ。

 

 

他には、真菌(いわゆるカビ)や寄生虫も感染症の原因となるから要注意だ。

 

 

感染症は、内因性と外因性の2つに分類することができる。
要するに、人の身体に常在しているものか、外部から入るものかの違いだ。

 

 

外因性感染症の代表的なものは、病院などで起こる院内感染やインフルエンザといったものだ。

 

 

内因性感染症は、抗がん剤の使用や糖尿病などで身体の免疫力が低下し、
もともと身体に存在していた微生物が、感染症を引き起こしてしまうことである。

 

 

最近は、感染症もグローバル化し、日本国内にはもともと存在しない病原性微生物による、
「輸入感染症」 への対応が一層求められている。

 

 

ニュースなどをこまめにチェックし、自分の生活環境の周囲で何が起きているか、
常に把握しておこう。